Category Archives: オンラインカジノ転変録

オンラインカジノ転変録

ネットカジノがグレーゾーンな理由と違法行為が成立するケース

近年続々と新規ユーザーが増えてきているネットカジノですが、日本の法律ではグレーゾーン的な存在だと言われています。
グレーゾーン、いわゆる白でも黒でも無いことで、合法でも違法でもありません。
非常に中途半端な立ち位置にあるネットカジノですが、そもそもどうしてグレーゾーンなのか気になる方もいらっしゃるかと思います。
先に書いておきますが、グレーゾーンなので今ネットカジノで遊んでも、基本的には逮捕されることもありませんのでご安心ください。
 
そこでネットカジノがグレーゾーンとされる理由と違法行為が成立するケースについて詳しく解説していきますので、気になる方は是非参考にしてみてください。
 
 

ネットカジノに関する法整備が整っていない

ネットカジノに関する法整備が整っていない
 
「日本でカジノは違法なんだから、ネットカジノも違法でしょ」という声があるようですが、ネットカジノは違法ではありません。
確かに賭博法と呼ばれる法律はありますが、これはあくまでも日本国内で賭博を開帳する者や賭博をする者に適用される法律です。
 
近年、日本でもカジノ法案が通過し、海外資本のIR誘致に取り組み始めましたが、現段階ではIR誘致を目的としており、カジノ自体が合法化されたわけではありません。
つまりネットカジノはおろか、ランドカジノすら法整備が整っていないのです。
 
今の段階で「ネットカジノは違法だ!」と警察が言ったとしても、そこに法的根拠は全くありません。
後ほど詳しく解説しますが、確実な違法行為として警察が取り締まれるのは、店舗型インカジ店、もしくは日本国内に胴元がいるネットカジノだけです。
 
 

ネットカジノがグレーゾーンと位置付けられている理由

ネットカジノがグレーゾーンと位置付けられている理由
 
ネットカジノに関する法整備が整っていないのにも関わらず、なぜネットカジノはグレーゾーンと位置付けられているのでしょうか?
例えばラスベガスやマカオなどのランドカジノを日本人が利用しても、それを日本国内の法律で裁かれることはありません。
 
そもそも賭博罪というのは、日本国内だけに適用される法律ですので、たとえ賭博であるランドカジノで日本人が遊んでも違法では無いのです。
ネットカジノは合法国のライセンスを取得し、海外のサーバーを使い、さらに海外を拠点にし運営しています。
 
日本国内から海外サーバーのネットカジノにアクセスすることは、ラスベガスやマカオのランドカジノに行くのと同じ状況なのです。
違法行為で取り締まろうと思っても、日本の法律では無理ですし、海外の法律で裁くこともできないわけです。
この事実が、ネットカジノがグレーゾーンと位置付けられている理由で、合法でも違法でも無いことをご理解いただけたかと思います。
 
 

ネットカジノで違法行為が成立するケース

ネットカジノで違法行為が成立するケース
 
ネットカジノはグレーゾーンだからこそ、場合によって違法行為が成立してしまうケースがあることも忘れてはいけません。
最も重要なのがライセンスの有無です。
ネットカジノを合法的に運営するためには、海外政府発行のライセンスが必要であり、これを所持しないネットカジノは違法となります。
もちろん違法ネットカジノで遊ぶプレイヤーも裁かれますので、実際にネットカジノで遊ぶ時には、必ずライセンスの有無を確認しましょう。
 
そして次に胴元が日本にある場合で、いくらライセンスを所持していても、胴元が海外ではなく日本にいる場合には違法となります。
過去に起こったドリームカジノ事件では、正規ライセンスを所持しつつ大阪四天王寺に胴元を置いたことで摘発されています。
幸いなことに、プレイヤーが逮捕されることはありませんでしたが、警察から警告を受けています。
 
最後にインカジ店でのネットカジノプレイです。 
インカジ店とは、店舗を構えて客にネットカジノをプレイさせる店のことで、その場で現金の受け渡しをするため、100%違法です。
わざわざアカウント登録をしたり、入出金手段を開設することなく、気軽にネットカジノを楽しめますが、プレイヤーには単純賭博罪が適用されます。
このように、ネットカジノで違法行為が成立するケースはいくつかありますので、十分にお気をつけください。
 
 

まとめ

今回は、ネットカジノがグレーゾーンとされる理由と違法行為が成立するケースについて詳しくご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
現時点でネットカジノはグレーゾーンではありますが、法律が整備されていない以上、ネットカジノで遊んでも違法ではありません。
  
ただしライセンス不所持のネットカジノや胴元が日本にいる場合、そしてインカジ店でのネットカジノは違法となりますのでご注意ください。
日本でカジノ法案が通過した今、もしかしたらその流れでネットカジノの規制に関する法律が新たに作られる可能性も決してゼロではありません。
それでも現在では違法性は無く、合法ネットカジノでプレイすることに問題はありませんのでご安心ください。

オンラインカジノ転変録

代表的なオンラインカジノの決済手段

オンラインカジノで賭けをして遊ぶには軍資金が必要です。
その軍資金を海外の運営サイトに入金をし、勝った分は出金をします。
この際、日本の銀行では簡単に入出金ができなくなっています。

ここでは、オンラインカジノの入出金に利用できる方法と、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

エコペイズ

エコペイズ
エコペイズは電子決済の一つで、オンラインカジノではよく使用されています。
イギリス発でPSI−payが運営しており、英国金融庁より認可、統制のもと運営されています。
政府公認の電子決済サービスなので、高い安全性と信頼性があります。

メリット

エコペイズはほとんどのオンラインカジノに対応をしています。
複数のオンラインカジノに登録をしてプレイをするときには、エコペイズの口座開設をしておくと便利です
クレジットカードのように、入金はできて出金はできない方法もあるのですが、エコペイズであれば入出金は一本化することができ、入金も出金もエコペイズだけで行うことができます。

また、サポートが日本語対応なので万が一のことがあっても安心できます。

デメリット

以前はecoCard(エコカード)を使ってコンビニATMから出金できたが、現在はできなくなってしまいました。
銀行口座から出金ができますが手数料がかかります。

アイウォレット

アイウォレットは電子決済のひとつです。
拠点は香港にあります。
日本だけでなく、世界のさまざまな国で利用されています。

メリット

アイウォレットは身分証明書なしで簡単に口座開設することができます。
必要なことは、メールアドレス、パスワード、国、氏名、生年月日などいくつかの項目を入力をするだけです。
これだけでスタンダード会員に登録が完了します。
その後に本人確認できる書類の提出などを行えば、エグゼクティブ会員に口座グレードアップが可能です。

オンラインカジノはドルやユーロを使用していますが、アイウォレットは「JPY、USD、EUR、HKD、SGD、GBP」の6通貨に対応をしています。

送金や受け取りは手数料が無料です。
iWalletカードを持っていればATMから出金ができます。
サポートは日本語にも対応しており、日本人でも安心して利用できます。

デメリット

スタンダード会員の場合は利用金額に制限があり、入金できるのは1000ドルまでです。

クレジットカード

クレジットカード

買い物の支払いや公共料金の支払いなどに使用しているクレジットカードは、オンラインカジノにも使用できます。
オンラインカジノの多くは、日本人になじみのあるVISAやMasterCardに対応をしています。
JCBやDiners Clubにも対応をしはじめています。

メリット

クレジットカードは日常の買い物など普段使用をしているので、オンラインカジノでも抵抗なく使用しやすいです。
普段使い慣れているものなので、日本人でも安心して入金に利用できます。

そして、一番のメリットはスピーディーな入金が可能なことです。
カード情報を入力すれば簡単に、そして素早く入金ができます。

デメリット

クレジットカードは入金には使うことができますが、出金には使うことができません。
出金をするためには、他の手段を用意しておく必要があります。

また、入金には手数料がかかることがあります。
日本で買い物などに使用をする場合は手数料無料のことが多いのですが、円以外での取引の場合は為替手数料がかかるケースがあるのです。

オンラインカジノ側で未対応のクレジットカードがあったり、クレジットカード側がオンラインカジノへの使用を禁止していることもあります。

ネッテラー

ネッテラー

ネッテラーはイギリスの金融サービス機構の統治のもと運営されている金融機関です。
世界180か国以上で利用されています。

メリット

ネッテラーの口座開設をしておけば、入出金を一本化することができます。
一つの口座で入金も出金もできると便利です。
複数のオンラインカジノに登録をしている場合でも、オンラインカジノがネッテラーに対応をしていれば、一つの口座で管理することができます。
口座開設は無料で年会費などもありません。

ネッテラーは入出金がスピーディーなことも特徴です。
海外送金など他の手段で入出金をする場合、1週間以上かかってしまうことは珍しくありません。
その点ネッテラーなら、オンラインカジノにもよりますが入金なら数分で、出金は早いオンラインカジノなら数分、一般的なオンラインカジノでは翌日に完了します。

日本語サポート窓口が開設されているので、サポートは日本語対応をしていて、口座開設の際も日本語で行うことがえきます。

デメリット

ネッテラーはギャンブル目的での利用ができなくなってしまいました。
そのため、オンラインカジノにネッテラーを使用することが現在はできません。
以前はオンラインカジノへの利用にさまざまなメリットがあったのですが、現在は使用できないため他の手段を選んだ方がよいでしょう。

オンラインカジノ転変録

決済手段の危機はオンラインカジノの危機

オンラインカジノを楽しんでいた国内のユーザーの多くが、かつて利用していた送金サービスがネッテラーです。
オンラインカジノに興味のある人であれば耳にしたことがあるのではないでしょうか。
また、オンラインカジノ歴の長い古参ユーザーであれば、名前を聞いたことがあるだけではなく、お世話になっていたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、現実問題としてネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。
オンラインカジノユーザーの多くが頼っていたネッテラーの撤退は、国内のオンラインカジノユーザーに衝撃を与えたのは言うまでもありませんが、ネッテラーに代わる送金サービスの登場によって事なきを得ました。

今でこそネッテラーが無くとも、オンラインカジノを楽しむにあたっての影響はほとんどありませんが、ネッテラー撤退はオンラインカジノに何をもたらしたのか。その点についてチェックしてみるとしましょう。

ネッテラー撤退のタイミング

ネッテラー撤退のタイミング
ネッテラー撤退のタイミングは2016年。
それまでごく普通に営業していたネッテラーですが、ユーザーに「今後利用できなくなる」と通達。
当初、その通達は偽造されたものなのではないかとのうわさも流れたのですが、結局は本物。
通達通り、ネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。

公式にネッテラーからアナウンスがあった訳ではない点から、なぜ撤退してしまったのかはいまだに憶測だけでしか語れないのですが、いわゆる「状況証拠」を集めていくと、ネッテラーが撤退した理由が浮かび上がってきます。

なぜなら、ネッテラー撤退から数か月に満たない前のことですが、日本人オンラインカジノユーザーが日本の警察によって逮捕されてしまったのです。
かねてからオンラインカジノは黒なのか白なのか議論がなされていました。
法的な見地からの意見もありましたが警察が動かない限り、どっちとも言えない状況が続いていました。

しかし、日本人オンラインカジノユーザーが逮捕されたことで、国内には「オンラインカジノは黒」との風潮が流れました。
そしてまさにそのタイミングでネッテラーは日本市場から撤退しました。
そのため、当初から「ネッテラーは日本市場を見限った」「もう日本ではオンラインカジノは成長しないと諦めた」といった声もありました。

かねてから撤退を考えていただけで、たまたまタイミングが重なっただけとの声も一部にはありましたが、結論から言うと、ネッテラーは2018年に日本市場に戻ってきました。
しかし、オンラインカジノ業務は行っておらず、あくまでも送金サービスのみを行っていることを考えると、やはり「オンラインカジノには関わらない」という姿勢なのでしょう。

ネッテラー撤退からオンラインカジノは成長した

ネッテラー撤退からオンラインカジノは成長した
オンラインカジノユーザーが逮捕されたことによる、オンラインカジノ業界の衝撃たるや凄まじいものがありました。

それもそのはず、オンラインカジノは送金サービスがあるからこそ利益を手にすることができたのです。
その送金サービスがなくなってしまってはオンラインカジノが終わると感じたユーザーがいても不思議ではありません。
ましてや逮捕者まで出ているのです。
オンラインカジノ以外で利益を狙えるものを探していたユーザーも多かったことでしょう。

しかし、ここで奇跡が起きました。
逮捕された日本人オンラインカジノユーザーは、嫌疑不十分とのことで起訴されることはありませんでした。
これが何を意味しているかというと、逮捕しても起訴できないことを警察が自ら証明してしまったのです。

それまで、オンラインカジノは白か黒かはっきりしない、いわゆる「グレー」なものとして扱われていたのですが、黒にしようと動いた警察が自ら白だと証明する形となってしまったのです。
結果、他の送金サービスが登場したり、日本語に対応するオンラインカジノも増えるなど、オンラインカジノそのものが息を吹き返したかの如く、盛り上がりを見せるようになりました。
その点では、ネッテラーの撤退は「オンラインカジノの盛り上がりの合図」といっても過言ではありません。

ネッテラーとしては、日本市場に於けるオンラインカジノの成長はないと見込んだからでしょう。
逮捕者まで出ればそのように考えるのも分からない話ではありませんが、実際には逮捕されたものの起訴されなかった事実が、オンラインカジノを盛り上げる原動力となりました。
その後、アイウォレットやエコペイズといったネッテラーと同じような特徴を持つ送金サービスが登場し、日本国内のオンラインカジノは盛り上がりを見せるようになりました。

まとめ

まとめ
ネッテラーの撤退は当時のオンラインカジノユーザーにとっては痛いものだったことでしょう。
送金サービスが使えなくなれば、オンラインカジノの終了を意味していました。
しかし、その撤退がいわばその後の繁栄の基礎を築く形になったのも事実です。
ネッテラーとしてもまさかそのような形になるとは思っていなかったことでしょう。

オンラインカジノ転変録

日本では使えなくなってしまった入出金手段

日本から撤退した入出金手段ネッテラーについて

少し前までは、オンラインカジノの入出金手段というと「ネッテラー」という入出金手段が一般的でした。
オンラインカジノで遊ぶ際には、ネッテラーという入出金手段を使うべきであるとサイトで紹介されることも多く、ネッテラーの口座があればどのオンラインカジノでも対応をしてくれていました。

日本から撤退した入出金手段ネッテラーについて

しかし、今はどうなのかというと、ネッテラーという入出金サービスは日本から撤退してしまい、使うことができなくなってしまいました。
ネッテラーは、以前までは便利な電子決済サービスとして一般的な入出金サービスでしたが、日本から撤退したこともあり、現在では別の入出金手段が推奨されています。

そこで、撤退した入出金手段のネッテラーについて具体的に見ていきましょう。

代表的な手段としてネッテラーが存在

ネッテラーは、オンラインカジノの決済手段として、以前までは多くのプレイヤーが使っていた決済手段です。
ネッテラーはオンライン上の電子決済サービスの一つとして、イギリスの運営会社により運営されてきました。

ネッテラーは利便性に優れ、そして安全性や信頼性が高かったので大変人気がありました。
しかし、2016年の9月に突然、ギャンブル目的による決済を停止してしまったのです。

これは、事実上の日本からの撤退という形です。
今では、完全にオンラインカジノでの入出金サービスを行っていない状態です。

撤退が発表された当時、なぜ撤退してしまったのかと話題になりました
その理由については、おそらく日本の金融庁による規制強化だったり、また警視庁の動向をにらんだものではないかと推察されています。
これは、具体的に言うと、オンラインカジノの逮捕のニュースが関係しているのではないかということです。

代表的な手段としてネッテラーが存在

オンラインカジノは、日本国内では法律的にはグレーゾーンでしたが、一度プレイヤーが逮捕されるという事件がありました。
結果的にこの事件は不起訴処分という形で終わったのですが、オンラインカジノのネッテラーとしては、日本国内でのギャンブル目的の決済は罰則の対象となりえると判断をしたのでしょう。

オンラインカジノを有罪とするには無理がありますし、実際に法律的にグレーゾーンで、日本人プレイヤーが有罪になったケースは一度もないのですが、ネッテラーとしては、罰則の対象となってしまうことを避けるため、このように日本から撤退を決めたのではないかと考えられています。

全ての決済業者が撤退をしたわけではない

このように、日本から「ネッテラー」という入出金手段は撤退することになりました。
しかし、全ての電子決済サービスが撤退してしまったというわけではありません。

オンラインカジノの電子決済サービス業者のすべてが、ギャンブル目的の決済を停止したわけではなく、現在では代替手段として電子決済サービスの「エコペイズ」や「アイウォレット」などのが主に使われています。

これらの電子決済サービスは、ネッテラーと同様に使えるサービスです。
ネッテラーと何の遜色もなく使うことが出来るサービスであり、不便を感じることはありません。

また、ネッテラーそのものも、当然ギャンブル目的以外であれば利用することができます。
ネッテラー以外の電子決済についてが今は主流となっており、多くのオンラインカジノで上記のアイウォレット、エコペイズの登録が推奨されています

ネッテラーのその他のサービスとは

ネッテラーは元々オンラインカジノの入出金サービスとして知られてきましたが、実はその他にもさまざまなサービスを行っています。

単純な入出金以外にも、ネットショッピングや、その他ショッピングセンターなどでの買い物の時にも、日常生活のお買い物で元々は使用が可能となっています。
世界の200カ国で実際に使用実績があり、信頼性が非常に高いサービスとなっています。
また、VIPプログラムなどを導入しているということもあり、使用頻度に合わせて、サービスを向上させることが出来るのも魅力となっています。
報酬ポイントプログラムも導入をしていますので、ポイントを貯めて、特典に利用をすることなども可能となっています。

ネッテラーのその他のサービスとは

また、ネッテラーの会社もロンドン株式市場に上場をしているなど、一定の信頼性があります。
日本語対応をも行っており、そして他の決済手段よりも日本語化が進んでいるというのも大きなメリットとなっています。
ネッテラーは実はオンラインカジノだけではなく、FXや、バイナリーオプションなど、他の業種の入金手段としても使われているのです。
撤退したということで衰退したと思われがちなのですが、必ずしもそうではなく、全世界では今もメジャーな入出金手段として使われています。

現在は別の手段を使うべき

このように、オンラインカジノの入出金手段であるネッテラーですが、今は日本から撤退してしまったということもあり、今では、アイウォレット、エコペイズといった電子決済サービスが主流となっており使うことをおすすめします。