Monthly Archives: 12月 2019

オンラインカジノ転変録

決済手段の危機はオンラインカジノの危機

オンラインカジノを楽しんでいた国内のユーザーの多くが、かつて利用していた送金サービスがネッテラーです。
オンラインカジノに興味のある人であれば耳にしたことがあるのではないでしょうか。
また、オンラインカジノ歴の長い古参ユーザーであれば、名前を聞いたことがあるだけではなく、お世話になっていたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、現実問題としてネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。
オンラインカジノユーザーの多くが頼っていたネッテラーの撤退は、国内のオンラインカジノユーザーに衝撃を与えたのは言うまでもありませんが、ネッテラーに代わる送金サービスの登場によって事なきを得ました。

今でこそネッテラーが無くとも、オンラインカジノを楽しむにあたっての影響はほとんどありませんが、ネッテラー撤退はオンラインカジノに何をもたらしたのか。その点についてチェックしてみるとしましょう。

ネッテラー撤退のタイミング

ネッテラー撤退のタイミングは2016年。
それまでごく普通に営業していたネッテラーですが、ユーザーに「今後利用できなくなる」と通達。
当初、その通達は偽造されたものなのではないかとのうわさも流れたのですが、結局は本物。
通達通り、ネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。

公式にネッテラーからアナウンスがあった訳ではない点から、なぜ撤退してしまったのかはいまだに憶測だけでしか語れないのですが、いわゆる「状況証拠」を集めていくと、ネッテラーが撤退した理由が浮かび上がってきます。

なぜなら、ネッテラー撤退から数か月に満たない前のことですが、日本人オンラインカジノユーザーが日本の警察によって逮捕されてしまったのです。
かねてからオンラインカジノは黒なのか白なのか議論がなされていました。
法的な見地からの意見もありましたが警察が動かない限り、どっちとも言えない状況が続いていました。

しかし、日本人オンラインカジノユーザーが逮捕されたことで、国内には「オンラインカジノは黒」との風潮が流れました。
そしてまさにそのタイミングでネッテラーは日本市場から撤退しました。
そのため、当初から「ネッテラーは日本市場を見限った」「もう日本ではオンラインカジノは成長しないと諦めた」といった声もありました。

かねてから撤退を考えていただけで、たまたまタイミングが重なっただけとの声も一部にはありましたが、結論から言うと、ネッテラーは2018年に日本市場に戻ってきました。
しかし、オンラインカジノ業務は行っておらず、あくまでも送金サービスのみを行っていることを考えると、やはり「オンラインカジノには関わらない」という姿勢なのでしょう。

ネッテラー撤退からオンラインカジノは成長した

日本人のオンラインカジノユーザーが逮捕されたことによる、オンラインカジノ業界の衝撃たるや凄まじいものがありました。

それもそのはず、オンラインカジノは送金サービスがあるからこそ利益を手にすることができたのです。
その送金サービスがなくなってしまってはオンラインカジノが終わると感じたユーザーがいても不思議ではありません。
ましてや逮捕者まで出ているのです。
オンラインカジノ以外で利益を狙えるものを探していたユーザーも多かったことでしょう。

しかし、ここで奇跡が起きました。
逮捕された日本人オンラインカジノユーザーは、嫌疑不十分とのことで起訴されることはありませんでした。
これが何を意味しているかというと、逮捕しても起訴できないことを警察が自ら証明してしまったのです。

それまで、オンラインカジノは白か黒かはっきりしない、いわゆる「グレー」なものとして扱われていたのですが、黒にしようと動いた警察が自ら白だと証明する形となってしまったのです。
結果、他の送金サービスが登場したり、日本語に対応するオンラインカジノも増えるなど、オンラインカジノそのものが息を吹き返したかの如く、盛り上がりを見せるようになりました。
その点では、ネッテラーの撤退は「オンラインカジノの盛り上がりの合図」といっても過言ではありません。

ネッテラーとしては、日本市場に於けるオンラインカジノの成長はないと見込んだからでしょう。
逮捕者まで出ればそのように考えるのも分からない話ではありませんが、実際には逮捕されたものの起訴されなかった事実が、オンラインカジノを盛り上げる原動力となりました。
その後、アイウォレットやエコペイズといったネッテラーと同じような特徴を持つ送金サービスが登場し、日本国内のオンラインカジノは盛り上がりを見せるようになりました。

まとめ

ネッテラーの撤退は当時のオンラインカジノユーザーにとっては痛いものだったことでしょう。
送金サービスが使えなくなれば、オンラインカジノの終了を意味していました。
しかし、その撤退がいわばその後の繁栄の基礎を築く形になったのも事実です。
ネッテラーとしてもまさかそのような形になるとは思っていなかったことでしょう。