Author Archives: ptpmp

オンラインカジノのスロットマシンにイカサマは絶対無い理由

オンラインカジノのスロットマシンにイカサマは絶対無い理由
オンラインカジノで遊んでいて、インチキやイカサマがプログラムされていたり、運営側がチェックして負ける様に仕組んでいるのではないかと疑う方がいるかもしれません。
この記事では、オンラインカジノのスロットマシンにイカサマが絶対無いと言い切れる理由についてご説明していきます。
オンラインカジノは、世界各国にあるランドカジノと同じサービスをオンライン上に再現したエンターテイメントになります。
お金を賭けて遊ぶということもあり、オンラインカジノを営業するには、オンラインカジノライセンスを所持している業者でプレイすることで安全に楽しむことができます。
安全に楽しくオンラインカジノのスロットマシンを楽しめる理由について、ご理解頂けると嬉しいです。

スロットマシンは別会社のゲームプロバイダーが開発

オンラインカジノは、興行主としての役割を全うすることで、円滑に運営を行っています。
具体的には、オンラインカジノで遊ぶお客さんを集めること、楽しんでもらえる様に多くのゲームを用意すること、トラブルが発生したら対処すること、出金・入金などお金のマネジメントをすることです。
オンラインカジノ自体は、スロットマシンを開発していませんので、ゲームの内側はゲームプロバイダーによって開発や保守管理が行われています。
つまり、オンラインカジノに設置されているスロットマシンは、ゲームプロバイダーと契約して利用させてもらっているだけなのです。
そして、お客さんのゲームの結果について、興行主であるオンラインカジノのお仕事の範疇では無いということでもあります。

RNG(乱数発生装置)搭載で完全確率

RNG(乱数発生装置)搭載で完全確率
オンラインカジノに設置されているスロットマシンには、RNG(乱数発生装置)が搭載されています。
RNGとは、パターンなどによって、事前に結果を予測できない様にするため、機械などを使って解析ができないように、完全にランダムな結果を発生させる装置です。
スロットマシンが産み出す結果は、プログラムに基づいた結果が出るわけではなく、毎回ランダムな結果になる様に設定されているということです。
なので、スロットマシンを開発したゲームプロバイダーであっても、スロットマシンの挙動を操作したり、結果を事前に知りえることができないのです。
長期間においてプレイした場合は、ゲームプロバイダーが発表している確率に近づく結果になる様にという確率部分のみが管理されています。

イカサマをしたら大切なライセンスを剥奪される

オンラインカジノは、オンラインカジノライセンスのもとで運営が行われています。
当然ながら、オンラインカジノで遊ぶプレイヤーは、公正なインチキのない中でプレイがしたいのですが、それを約束する証しがオンラインカジノライセンスです。
ライセンスが無いと、お客さんが恐がって集められませんし、オンラインカジノ運営に必要なゲームの多くをゲームプロバイダーと契約ができず設置することもできません。
オンラインカジノを運営する上で、ライセンスは絶対に必要なものです。
ライセンスを得た後は、監査や査察などが行われ、健全に運営が行われているかのチェックも入ります。
インチキをしていれば、ライセンスは剥奪されますので、ライセンス剥奪のリスクを背負ってインチキをする理由がオンラインカジノにはありません。

第三者機関によるペイアウト率の監視

第三者機関によるペイアウト率の監視
ゲームプロバイダーが開発するオンラインカジノに設置されているスロットマシンには、ゲームプロバイダーが公表しているペイアウト率が存在します。
スロットマシンごとに、このスロットマシンは96%のペイアウト率といった具合に、全てのスロットマシンはペイアウト率を公表しています。
実際にゲームプロバイダーが公表しているペイアウト率と、オンラインカジノに設置されているスロットマシンのペイアウト率が同じであるかは、第三者機関によってチェックが行われます。
第三者機関は、様々な国に、たくさんの種類の会社があるのですが、どの第三者機関であっても、ペイアウト率がゲームプロバイダーが公表している数値と同じであるかを調べる為だけのプロフェッショナルなので、厳重なチェックが行われているということです。

まとめ

今回の記事では、オンラインカジノのスロットマシンにイカサマは絶対無いと言い切れる理由と題して、細かく理由の説明を致しましたが、ご理解頂けたでしょうか。
オンラインカジノは世界中のお客さんが対象になっていて、ギャンブルとは言え、エンターテイメントとして成立しています。
たくさんの人に楽しんでもらうには、やはり公成な状況を作り出す必要が絶対条件になります。
そのため、オンラインカジノでは、設置しているゲームは、全てゲームプロバイダーが開発や製作をしたゲームを設置しています。
また、オンラインカジノライセンスを取得して、ライセンス保持のために、監視のもと健全な運営を行っています。
ゲームプロバイダーも、ライセンスを持つオンラインカジノにのみゲームの利用を認めています。
こういった多くのセーフティネットによって、プレイヤーが楽しめる環境を作り上げており、むしろオンラインカジノこそが一番不正が行われない様に努めているのです。

【ビットカジノ】儲かるスロットは 本当に存在するのか?

世界初の仮想通貨で遊べるオンラインカジノで有名な『ビットカジノ』ですが、最近は『スモウペイ』という、銀行口座へ直接日本円(JPY)で振込可能な決済サービスも導入され、私たち日本人も気軽に遊べるようになりました。
 
今回は【ビットカジノ|儲かるスロットは 本当に存在するのか?】と題し、ビットカジノに 2,000 種類以上用意されているビデオスロットの「お得な 遊び方」をご紹介します。
 
 

無料で遊べる『デモプレイ』機能

無料で遊べる『デモプレイ』機能

「実際に遊んでみないと、スロットの癖や反応が分からない」という方に、朗報です。
ビットカジノでは、スロットやバカラなど一部のゲームを無料でプレイすることができる『デモプレイ』機能が用意されていて、実際にどのような出目が来やすいか、無課金で確かめることができます。
 
把瑠都さんが登場するスロットもデモプレイ対象!

元大関の把瑠都さんは公認アンバサダーとして活動していますが、ビットカジノでは把瑠都さんが登場するスロットの『ガンバルトバトル(GanBaruto Battle)』が存在します。

この『ガンバルトバトル』は換金率が96%・把瑠都さんと相撲をモチーフにした3×5のビデオスロットで、モンスタースロットとして多くのビットカジノユーザーに親しまれている「ビットカジノで遊ぶならば、押さえておきたいイチ推しゲーム」の一つです。

過去には『ガンバルトバトル』の限定イベントやボーナスゲームなどもあり、ビットカジノが把瑠都さんに対して特別な思いを持っていることもわかります。
 
気軽にプレイして爆益を狙うならばスロット
「電車の待ち時間に、ビットカジノで爆益をあげた」など 喜びの声をSNS で呟くユーザーも多く、特に好評なスロットが最大 4,500 倍を狙うことのできる『マキシマスリールズ(Maximus Reels)』です。

短時間で遊ぶ場合は、フリースピンを使い5×7のスロットに変化させることで一攫千金が狙えます。
スキマ時間で利益が狙えるスロットは、お気に入りの機種を早めに見つけることで、効率良く儲けられるようになります。
 
スロット単体で爆益を出したり、お得なボーナスやキャンペーンを利用することで、一気にビットコインなどの仮想通貨を増やせるというビットカジノ独自の利点から、ビットカジノを「投資」として考えるユーザーが存在することも頷けます。
 
 

ビットカジノではバカラもお手軽にプレイできる

ビットカジノではバカラもお手軽にプレイできる

「オンラインカジノのバカラは、敷居が高い」と思う方も多いのではないでしょうか?
ビットカジノでは、初めてバカラをプレイする人でも簡単に遊べる「ワンタッチバカラ」があります。

バカラの予想に必須の罫線がすべて揃っていることや絞り機能も付いているので、じっくりと低額ベットをして遊び方や罫線の読み方をマスターし、ライブバカラに参戦するユーザーも増えています。

ワンタッチバカラ単体でも簡単に利益が出せるようになるので、堅実に元手を増やすことも可能です。
 
 

ビットカジノはどこでもプレイ可能

ビットカジノはどこでもプレイ可能

ビットカジノは仮想通貨や電子決済をスマートフォンと連動させることで、いつでも気軽に遊べます。
アプリではありませんが、ビットカジノのサイトに直接スマートフォンからログインできるため、電車の待ち時間やスキマ時間に稼げるというメリットもあります。
 
週末はじっくり・平日はお手軽プレイ
巣ごもり需要で実店舗でのスロットに行きたいけれども周りの目が気になる、家族から止められている人たちが続々とオンラインカジノに参入しています。
「平日は移動時間にスロット、週末はじっくりとライブバカラを楽しむ」など、ライフスタイルに合わせてギャンブルが楽しめます。

スロットやバカラ以外にも、ブラックジャック・ポーカー・ルーレットといったカジノゲームや eスポーツベッティング など、ビットカジノの中ですべてのギャンブルを楽しめる点も好評です。
  
ライブバカラは見学もOK!
「ライブバカラにチャレンジする前に、どんな雰囲気か知りたい」そんな人に嬉しい『見学システム』は、ビットカジノに登録するだけでバカラの熱狂シーンを目の当たりにしたり、アルコールを片手にバカラを見物という遊び方も可能です。

ビットカジノのテーブルゲームはバカラをはじめポーカーもブラックジャックも無料で練習できるものがいくつか準備されています。
初心者はこの無料ゲームでルールやベットの読み方をマスターしてからデビューができますし、ある程度慣れている人であればウォーミングアップとして軽くプレイしてからテーブルゲームに向かうこともできます。
 
ライフスタイルに合わせた遊び方ができる
ビットカジノはお手軽プレイからじっくりプレイまでライフスタイルに合わせたプレイができます。
気分転換にスロットで、お小遣い感覚で利益を出している人から爆益まで様々です。
自宅や出先で無理なく遊べるのがビットカジノになります。

ゲームプロバイダーNetEnt(ネットエント)の信頼性や特徴

オンラインカジノで遊べるゲームは、オンラインカジノの運営が独自に開発しているのではなく、開発を専門とするゲームプロバイダーから提供を受けており、その開発大手として有名なのがNetEnt(ネットエント)です。

日本でも知名度の高い大手オンラインカジノのカジ旅やベラジョンカジノ、ラッキーニッキーなどがNetEnt(ネットエント)のゲームを導入しており人気を集めています。
大手オンラインカジノが導入するくらいなので、NetEnt(ネットエント)は信頼性の高いゲームプロバイダーで安心して遊ぶことが可能です。
ここでは、ゲームプロバイダーNetEnt(ネットエント)の信頼性や特徴を調べてみたので、ぜひ参考にしてください。

ネットエントはどのような会社なのか?

ネットエントはどのような会社なのか?
ネットエントは1994年設立のゲームプロバイダーで、スウェーデンを拠点としていますが、アメリカやイギリス、マルタにも支社があり世界的に活動している企業です。
1,000人以上の従業員を抱え、ナスダックの株式市場にも上場しているオンラインカジノ界有数の老舗的なゲームプロバイダーとして有名です。

2019年にはネットエントと同じように人気を集めていたゲームプロバイダーのレッドタイガーを買収して高い技術力と競争力を備え、さらに2020年には、大手エボリューションゲーミングの傘下となり、オンラインカジノ業界での影響力を増しました。

大手だけに限らず、ほとんどの合法オンラインカジノがネットエントのゲームを導入していることからも、ネットエントの存在の大きさが分かります。

ネットエントは政府承認の合法ゲームプロバイダー

ネットエントは政府承認の合法ゲームプロバイダー
ネットエントだけでなくオンランカジノのゲーム開発に携わる企業は、政府機関から承認されたライセンスを取得する必要があります。
もしライセンスを取得していないゲームプロバイダーがあれば、それは違法です。

ネットエントに関しては、 イギリスや、マルタ共和国など合計9カ国からライセンスを承認されている、健全で安全なゲームプロバイダーです。

とりわけイギリスやマルタ共和国の関係機関から発行されるライセンスは、非常に審査が厳正なことで知られていて、誰でも取得できるという訳ではありません。
そのようなハードルの高い審査をパスしてゲームを開発しているのがネットエントで、多くのオンラインカジノでの導入実績からも分かるように、高い信頼性は業界に知れ渡っています。

第三者機関の監視を受入れ

すでネットエントが、厳しい審査を経て公式ライセンス取得していることは説明しましたが、それだけではなく第三者機関から監視も受け入れています。
第三者機関とは、eCOGRA、TST(GLI)、SKLと呼ばれる業界団体で、ライセンスを取得後も健全な経営が続いているが常に関しているのです。

大手オンラインカジノが信頼性を高めても、そこにゲームを提供するゲームプロバイダーが不正を働いていたら、業界全体の腐敗に繋がってしまいます。
仮に公表されているゲームのペイアウト率が正しくなかったり、業界基準に従ってなかったりしたら、それはオンラインカジノのユーザーを騙していることになります。

このようなことを監視するのが第三者機関で、ペイアウト率に関しても正しい基準に従って測定し発表する仕組みとなっています。
このように徹底した監視で不正を働く余地のない状態でゲームを開発しているのがネットエントであり、オンラインカジノ業界の健全化にも一役買っているのです。

ネットエントの安全性を示す実績の数々

ネットエントの安全性を示す実績の数々
ネットエントの高い信頼性を説明してきましたが、それを裏付けるようにネッエントには様々な実績があります。
ネットエントは、モバイル版におけるゲーム開発の高い実績評価され、国際的アワードの「モバイルプロダクトオブザイヤー」を獲得しています。
ネットエントが開発するゲームのジャンルは非常に幅広いことでも知られ、世界の文化や歴史、テレビドラマとのタイアップなど多岐に渡り、その優れた企画力も評価されています。

大手オンラインカジノのカジ旅と協力して開発した超高速スロットゲーム「Blitz」は通常の6倍のゲームスピードを実現し、業界に革命を起こしました。
Blitzとはスロットゲームのリールの回転などの演出をすべてキャンセルし、ベット後にスピンボタンを押すと、速攻でゲームの結果が表示されるという機能で、短時間でたくさんベットしたいハイローラー志向のプレイヤー向きの機能です。

業界大手として君臨する一方で、柔軟企画力で革命的なゲームを作り続けているのがネットエントの特徴です。

まとめ

ゲームプロバイダーNetEnt(ネットエント)の信頼性や特徴を解説してきましたが、オンラインカジノでのゲーム選びの参考になったでしょうか?
ネットエントは1994年設立のゲームプロバイダーで、スウェーデンを拠点として世界的で活動している企業で、ナスダックにも上場している信頼性の高いゲームプロバイダーです。

またイギリスや、マルタ共和国など合計9カ国からライセンスを取得した、健全で安全なゲームプロバイダーとしても有名です。
それだけでなく、第三者機関から監視も受け入れており、オンラインカジノ業界の健全化にも一役買っています。

超高速スロットゲームの「Blitz」は通常の6倍のゲームスピードを実現し、業界に革命を起こしました。
もしBlitzを体験したい場合は、オンラインカジノのカジ旅で遊ぶことができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

【必勝法】パーレー法「最強の運用方法」

” オンラインカジノ ” には 様々な長所がありますが、その中でも「通勤や眠る前のスキマ時間にさっと遊べる手軽さ」を好むプレイヤーは多いのではないでしょうか?
その「スキマ時間で爆発的な利益を出すことが可能な攻略法」を1つだけ挙げるとすれば『パーレー法』が有力でしょう。
  
今回は、パーレー法「最強の運用方法」をテーマに、パーレー法のルールやメリット、利益を出せる運用方法をご紹介します。
  
  

ルール・メリット

ルール・メリット
 

【ルール】勝利時はベット額を2倍・負けたら最初のベット額に戻す

パーレー法は「勝ったら、ベットする金額を倍にして、負けたらベットした金額を戻す」というルールを知っていれば、誰でも運用できます。
さらにライブカジノでは「前回のベット金額を倍にしてベットする機能」も標準搭載されるようになったため、いつでも簡単にパーレー法が運用できるようになりました。
  

【メリット】短時間で爆発的な利益を得ることができる

「勝利金を 100 % 次のゲームにベット」するパーレー法は、短時間で勝利金を増やしたいプレイヤー向きの攻略法です。
 
オンラインカジノで利用されている攻略法は多くありますが、パーレー法ほど勝利時の利益を最大限に増加できる攻略法は少ないでしょう。
 
加えて、仮に損失が発生したとしても最初にベットした金額を超えて損失が出ません。
例えば、最初に1ドルベットして10連勝し、1024 ドルまで膨れ上がったとしても、次のプレイで負けて失敗した損失は、たったの1ドルです。
「攻撃的である反面、ローリスクな攻略法」という側面も持っています。
  
  

運用方法

運用方法

パーレー法を最強に活用するための運用法は、大きく分けて「愚直に正攻法(2倍配当のゲームで運用)を行う」「思い切って3倍配当のゲームに挑戦する」という2つのタイプがあります。
  

【2倍配当】3連勝したら「利益確定」

「シンプルさが強み」のパーレー法 は「余計な改造を行わず正攻法で挑むのが、最強の運用方法」の王道で、 ” ルーレットの2倍配当(赤/黒・偶数/奇数・前半/後半) ” や ” バカラ ” ” ブラックジャック ” など「勝利時の配当収支が2倍になるゲーム」を選択します。
  

初心者は、シンプルなゲームがオススメ

【ルーレット】
0が1つしかないタイプのルーレット(ヨーロピアンタイプ)を選びましょう。
※「0・00 があるアメリカンスタイル」や「0・00・000 があるメキシカンスタイル」は適しません。
  
【ブラックジャック】
インシュランスなどの追加アクションが必要になるタイプは適しません。
  
ゲームが選び終わったら、ダメージを最小限にするために1ドルからスタートさせ、勝ったら倍額、負けたら最初の1ドルに戻します。
連勝も高い確率で勝てる3連勝程度にして、3連勝したら、利益確定してやめるようにします。
これを繰り返して目標額を達成したら利益確定のために、オンラインカジノを終了する。
  
「初期ベット金額の数百倍の勝利金を得る」といった大きな利益は期待できませんが、堅実に稼げる、ある意味最強の運用方法です。
   

【3倍配当】2連勝したら、初回の賭金に戻す

よりパーレー法の強みを高めるために3倍配当のゲームを利用する方法もあります。
3倍配当のゲームに挑戦することで「2連勝すれば、一気に9倍の利益が期待できる」というメリットが大きいですが、2倍配当に比べて勝率が低下するため、2連勝程度にとどめる必要がある運用方法です。
  
興味があれば、ルーレットの3倍配当であるダズンやコラムで挑戦してみましょう。
このように単独で運用する場合の最強方法は、正攻法にこだわるか3倍配当で一気に勝負するといった方法が挙げられます。
  
  

他の攻略法を併用して最強を目指す

他の攻略法を併用して最強を目指す
 
パーレー法をより強固にするために「マーチンゲール法との併用」や「スプリットベットの8点賭けを併用」するなど、他の攻略法を併用して最強を目指す方法も有効でしょう。
  

【マーチンゲール法と併用】負けた金額をマーチンゲール法で取り返し、パーレー法で利益を積む

運用方法は、最初にパーレー法でプレイしていき、利益確定したら終了、負けて損失が出たら最初の金額に戻して、今度はマーチンゲール法を行います。
 

【マーチンゲール法と併用】運用例

1ドルで「パーレー法」をスタート → 負けて1ドル損失
1ドルで「マーチンゲール法」をスタート → 勝利で1ドルの利益を得た(パーレー法の損失を回収)
  
この仕組みによって、損失をほとんど出さずにパーレー法が運用できますが、マーチンゲール法が崩壊すると、莫大な損失が出るため、正攻法(2倍配当)同様・短期決戦向きです。
  

【スプリットベットの8点賭けと併用】スプリットベットを8か所ベットし、パーレー法で利益を積む

『スプリットベット』とは、2つの数字を跨ぐ線上に賭け金を置くベット法で、勝てば 17 倍の配当が得られる方法です。
  
一見パーレー法との併用が難しそうに見えますが、運用はシンプルで勝率を一気に向上できます。
  

【スプリットベットの8点賭けと併用】運用例

最初に2つの数字を跨ぐ線上に8か所・1ドルずつベット
勝ったら2ドルずつベットすることを繰り返す
  
この方法で運用すると、2倍配当よりも若干高めの利益が得られるので、5勝5敗で損失が出るパーレー法でも利益を出すことが出来ます。

ネットカジノがグレーゾーンな理由と違法行為が成立するケース

近年続々と新規ユーザーが増えてきているネットカジノですが、日本の法律ではグレーゾーン的な存在だと言われています。
グレーゾーン、いわゆる白でも黒でも無いことで、合法でも違法でもありません。
非常に中途半端な立ち位置にあるネットカジノですが、そもそもどうしてグレーゾーンなのか気になる方もいらっしゃるかと思います。
先に書いておきますが、グレーゾーンなので今ネットカジノで遊んでも、基本的には逮捕されることもありませんのでご安心ください。
 
そこでネットカジノがグレーゾーンとされる理由と違法行為が成立するケースについて詳しく解説していきますので、気になる方は是非参考にしてみてください。
 
 

ネットカジノに関する法整備が整っていない

ネットカジノに関する法整備が整っていない
 
「日本でカジノは違法なんだから、ネットカジノも違法でしょ」という声があるようですが、ネットカジノは違法ではありません。
確かに賭博法と呼ばれる法律はありますが、これはあくまでも日本国内で賭博を開帳する者や賭博をする者に適用される法律です。
 
近年、日本でもカジノ法案が通過し、海外資本のIR誘致に取り組み始めましたが、現段階ではIR誘致を目的としており、カジノ自体が合法化されたわけではありません。
つまりネットカジノはおろか、ランドカジノすら法整備が整っていないのです。
 
今の段階で「ネットカジノは違法だ!」と警察が言ったとしても、そこに法的根拠は全くありません。
後ほど詳しく解説しますが、確実な違法行為として警察が取り締まれるのは、店舗型インカジ店、もしくは日本国内に胴元がいるネットカジノだけです。
 
 

ネットカジノがグレーゾーンと位置付けられている理由

ネットカジノがグレーゾーンと位置付けられている理由
 
ネットカジノに関する法整備が整っていないのにも関わらず、なぜネットカジノはグレーゾーンと位置付けられているのでしょうか?
例えばラスベガスやマカオなどのランドカジノを日本人が利用しても、それを日本国内の法律で裁かれることはありません。
 
そもそも賭博罪というのは、日本国内だけに適用される法律ですので、たとえ賭博であるランドカジノで日本人が遊んでも違法では無いのです。
ネットカジノは合法国のライセンスを取得し、海外のサーバーを使い、さらに海外を拠点にし運営しています。
 
日本国内から海外サーバーのネットカジノにアクセスすることは、ラスベガスやマカオのランドカジノに行くのと同じ状況なのです。
違法行為で取り締まろうと思っても、日本の法律では無理ですし、海外の法律で裁くこともできないわけです。
この事実が、ネットカジノがグレーゾーンと位置付けられている理由で、合法でも違法でも無いことをご理解いただけたかと思います。
 
 

ネットカジノで違法行為が成立するケース

ネットカジノで違法行為が成立するケース
 
ネットカジノはグレーゾーンだからこそ、場合によって違法行為が成立してしまうケースがあることも忘れてはいけません。
最も重要なのがライセンスの有無です。
ネットカジノを合法的に運営するためには、海外政府発行のライセンスが必要であり、これを所持しないネットカジノは違法となります。
もちろん違法ネットカジノで遊ぶプレイヤーも裁かれますので、実際にネットカジノで遊ぶ時には、必ずライセンスの有無を確認しましょう。
 
そして次に胴元が日本にある場合で、いくらライセンスを所持していても、胴元が海外ではなく日本にいる場合には違法となります。
過去に起こったドリームカジノ事件では、正規ライセンスを所持しつつ大阪四天王寺に胴元を置いたことで摘発されています。
幸いなことに、プレイヤーが逮捕されることはありませんでしたが、警察から警告を受けています。
 
最後にインカジ店でのネットカジノプレイです。 
インカジ店とは、店舗を構えて客にネットカジノをプレイさせる店のことで、その場で現金の受け渡しをするため、100%違法です。
わざわざアカウント登録をしたり、入出金手段を開設することなく、気軽にネットカジノを楽しめますが、プレイヤーには単純賭博罪が適用されます。
このように、ネットカジノで違法行為が成立するケースはいくつかありますので、十分にお気をつけください。
 
 

まとめ

今回は、ネットカジノがグレーゾーンとされる理由と違法行為が成立するケースについて詳しくご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
現時点でネットカジノはグレーゾーンではありますが、法律が整備されていない以上、ネットカジノで遊んでも違法ではありません。
  
ただしライセンス不所持のネットカジノや胴元が日本にいる場合、そしてインカジ店でのネットカジノは違法となりますのでご注意ください。
日本でカジノ法案が通過した今、もしかしたらその流れでネットカジノの規制に関する法律が新たに作られる可能性も決してゼロではありません。
それでも現在では違法性は無く、合法ネットカジノでプレイすることに問題はありませんのでご安心ください。

オンラインカジノで稼ぐために選ぶべきゲーム

オンラインカジノで稼ぐ場合は、ゲームの仕組みを知っておく必要があります。
これはゲームごとにペイアウト率が異なり、明確に勝率に違いがでてくるためです。

 

勝率が低いかわりに大当たりがでるデームもあるため、少しでも勝てるゲームについて知っておく必要があります。
代表的なのがブラックジャックやバカラなどのカードゲームで、勝ち越せる可能性が高いゲームとして知られています。

オンラインカジノは一攫千金を狙うほど勝率が下がる

オンラインカジノは一攫千金を狙うほど勝率が下がる

オンラインカジノは非常にペイアウト率が高く、全体で95%前後になることが一般的です。
どんなゲームを選んでも勝ちやすいともいえますが、その内訳には注意が必要です。
例えば、ジャックポットがあるスロットは、ジャックポットが出たときにはじめてペイアウト率が95%など規定の数字に達する仕組みです。

 

スロットによっては98%を超えるペイアウト率が設定されていますが、ジャックポットがでない間は負ける人が多いということにもなります。
また、ジャックポットの性質上、様々な人の負け分が一人に集中するのもポイントです。
一人が億万長者になれる可能性がある一方で、その他の人はお金を失っていることになるのです。

 

ジャックポットがないスロットの場合でも同様で、配当が高い役が出た人に儲けが集中することになります。
スロットを稼ぐという観点で見た場合はリスクが大きいため、ボーナス目的など補助で使う以外の選択肢はほぼなくなります。
より確実に稼ぐためには、小額でも、より確実に勝てるゲームを選んでいく必要があるのです。

 

稼ぐ人にはカードゲームが人気

稼ぐ人にはカードゲームが人気

オンラインカジノで稼ぎたいのであれば、ブラックジャックやバカラ、ポーカーなどのテーブルゲームを組み込むのがおすすめです。
カードゲームが稼ぐギャンブラーに人気なのは、確率が計算できるからです。

 

例えば、トランプを使ったゲームの場合、手札を見れば残りの山札に何が残っていて、どの程度の確率で役が揃うかがわかります。
すでに場に出ているカードから最も勝率が高い方法を計算できるため、スロットのような運に任せる状況を作らずに済むのです。
自分の手持ち資金と勝率を踏まえた上で、賭けるか、降りるかを考えることもできます。
カードゲームにはそれぞれのルールと手札にあわせたベーシックな掛け方があり、それを守るだけで劇的に勝率を上げることができるからです。

 

勝てる確率が高いときに大きく賭ければ、一気に稼げる確率があります。
また、勝率が低い場合はベット金額も小額にし、地道に積み重ねていくこともできます。
プロのギャンブラーはカードゲーム中心に自分なりの必勝法などを使うのが一般的で、ギャンブルを生業にできるほど勝ち続けているのです。

 

ブラックジャックのベーシックストラテジー

 

カードゲームで稼ぐ上でわかりやすく、有名なのがブラックジャックのベーシックストラテジーです。
自分の手札の合計と、ディーラーがオープンにしたカードから勝率を考え、カードを引くか、ストップするかを考えます。
数字は21に近いほど良く、21を超えると負ける仕組みになっているため、自分の手札と相手の手札で勝敗の確率を計算できるのです。

 

ブラックジャックのベーシックストラテジーの魅力は、チャートが一般的に入手可能なことです。
チャートを見れば、自分の手札の合計がいくらで、相手の手札がいくらなら次にどんな行動をとるべきかが一目でわかります。
例えば手札の合計が8以下であれば、相手がどんな手札であっても1枚カードを引く、手札の合計が9で相手の手札が3であればダブルダウンを選択するといった具合です。

 

ダブルダウンは、賭け金を2倍にしてカードを引いて賭けを続けることを意味します。
合計が9であればどんなに大きな数字を引いても21を超える可能性がなく、かつ相手の手札の数字が小さいのであれば勝利の確率が高くなります。
合計が17以上であれば相手の手札を問わずにスタンドするなど、リスクとリターンから考えられる行動表がまとめられているのです。

 

ベーシックストラテジーに独自の戦術や戦略を組み合わせ、勝率を更に高める人もいます。
ベーシックストラテジーのチャートは様々なサイトに掲載されているため、ブラックジャックで稼ぎたい場合は一度チェックして見るのがおすすめです。
もちろん、初心者の場合はチャートを見ながらブラックジャックを遊ぶのも方法になります。
カードゲームごとに確率の高い賭け方、勝負の仕方が存在するため、事前に情報を収集するほど勝率を上げることができます。

 

稼ぎやすいのは攻略法が公開されているから

稼ぎやすいのは攻略法が公開されているから

 

オンラインカジノが稼ぎやすいのは、ゲームの攻略方法が公開されている上、入金ボーナスなどで補助することもできるからです。
攻略法があることを知らずに、オンラインカジノを遊んでいる人もいます。
攻略法が通じるゲームは限られるのもポイントで、より確実に稼ぐ、勝率を高めたいのであればゲーム選びなどの下準備が大切になるのです。

 

もちろん、一攫千金を目指すのであれば、稼いだお金の一部をスロットなどに使うのも方法です。
一攫千金ばかり狙うと負けがこみやすくなるため、自分で調整しつつ安定した稼ぎを目指すことも大切になってきます。

エコペイズでオンラインカジノを思う存分楽しもう

オンラインカジノはクレジットカードさえあればすぐにでも楽しめる身近なコンテンツですが、勝利した際のリターンを手にするためには、残念ながらクレジットカードでは対応していません。
それもそのはず、オンラインカジノ云々ではなく、クレジットカードは商品を購入するアイテムであって、現金を貯める機能などありません。

ではオンラインカジノで勝利して大金を得たとしても、手にすることはできないのでしょうか?
様々な疑問があるかと思いますが、そこでカギを握るのがエコペイズ(ecopayz)などの送金サービスと呼ばれるシステムです。

送金サービスとは?

送金サービスとは
オンラインカジノを楽しむための基本的な流れとして、まずはアカウントを開設します。
そして、アカウントに入金します。

オンラインカジノでは法定通貨でコインを購入し、コインにて用意されている様々なゲームを楽しみます。
コインの購入、つまり「入金」は即時性を考えるとクレジットカードで問題ないのですが、得た利益を手にするためには送金サービスの利用が必須となります。

送金サービスとは決してオンラインカジノのためだけのサービスではなく、異国間への送金等で用いられるものなので、決して怪しいサービスではありません。
流れとしては、オンラインカジノのアカウントにあるコインを現金化。

さらにはその現金をエコペイズにて両替し、国内にある自分の口座へと送金することで、オンラインカジノで得た利益を「手にする」ことができます。
ちなみに、エコペイズを活用すると、利益を手にするだけではなく、オンラインカジノアカウントへの入金も可能になります。

オンラインカジノでクレジットカードを使いたくないという人や、クレジットカードを使用すると利用明細が届き、身内に見られるので思うように利用できないという人は、エコペイズによる入金を活用してみるのもよいでしょう。

エコペイズ登録の流れ

エコペイズ登録の流れ
エコペイズの登録は簡単です
エコペイズの公式サイトにアクセスすると、「無料アカウントを解説」というボタンがあり、クリック・タップすることで登録画面へと移行します。

そしてログインID、メールアドレス、パスワード、使用言語、名前、誕生日、住所、電話番号、さらには表示されている画像の入力を行うことでアカウントが作成されます。
アカウントの作成だけであれば、数分もあれば可能ですが、実際に活用するためには認証作業が必要です。

こちらは設定画面からメールアドレスを認証し、かつ本人確認を行うことで様々な機能が自由に利用できることになります。
本人確認は写真付き身分証明書等をスマートフォンのカメラで撮影し、アプリから送るだけのものなので、こちらもそこまで手間ではありませんが、本人確認に関しては確認作業が数日ほどかかりますので注意しましょう。

エコペイズに入金したい

エコペイズでの本人確認が終了すると、エコペイズを利用し、オンラインカジノへの入金が可能になります。
つまり、手順としてはエコペイズに入金、そしてエコペイズからオンラインカジノに入金という形になりますので、エコペイズの入金先、そしてオンラインカジノの入金先それぞれを確認しておきましょう。
ちなみに入金先を登録しておけば、その都度口座情報を入力する必要はありません。

エコペイズが推奨されている理由は多々あります

エコペイズが推奨されている理由は多々あります
送金サービスはエコペイズ以外にも多々あるのですが、その中でもエコペイズが推奨されている理由として、対応しているオンラインカジノの多さにあります。
オンラインカジノもまた、送金サービス同様、むしろ送金サービス以上に様々な業者が用意しています。
それぞれ細かい部分は異なりますが、日本人ユーザーが楽しむ場合、送金サービスを介する形になる点は共通しています。

しかし、オンラインカジノによって対応している送金サービスが異なります。
対応していない送金サービスでは、仮に送金サービスに登録したとしてもオンラインカジノへの送金ができませんので、オンラインカジノを楽しむのであれば、オンラインカジノがどの送金サービスに対応しているのかもしっかりとチェックしておく必要があるのですが、エコペイズの場合、様々なオンラインカジノに対応しています。

大手と呼ばれる人気オンラインカジノはほぼ対応していますので、送金サービスの選択肢においては、「エコペイズを選んでおけば間違いない」と言っても過言ではありません。

まとめ

送金サービスは、日常生活の中で目にするものではないだけに、「怪しいサービスなのではないか」と思っている人もいるかもしれませんが、行政から認可を得ている健全なサービスです。
但し、送金サービスも多々あります。

オンラインカジノに対応しているのかが判断材料の一つになるのは言うまでもありませんが、エコペイズであれば様々なオンラインカジノに対応していますので、これからオンラインカジノを始めるプレイヤーや、エコペイズを選んで間違いはなさそうです

少額の支出で膨大な見返りが得られるギャンブル

マーチンゲール法と真逆のベット方法

マーチンゲール法と真逆のベット方法
カジノで使える攻略法には様々な種類がありますが、少ない資金で大きな勝ちを狙えるのはパーレイ法以外にはないでしょう。
ギャンブルは大きな勝ちを狙えるところに魅力があります。
できるだけ少ない資金で大きく勝ちたいと考えるのは誰でも同じでしょう。

相応しいタイミングでパーレイ法を使用すれば、わずか数プレイで利益を大きく膨らませることが可能です。
運良く10連勝以上することができれば、得られる利益は最初のゲームにベットした額の1000倍を超えます。
その使用方法も簡単で、勝つ度にベット額を倍に増やしていきます。
そうすることで連勝する度に利益も倍に膨らんでいき、最終的に大きな利益を手にすることが可能となります。

攻略法の中でも高い認知度を持つマーチンゲール法の場合は、パーレイ法とは真逆で負ける度にベット額を倍にしていきます。
勝てば勝つほど利益は倍に膨らみますし、パーレイ法は負けても初回ゲームにベットした金額分しか損をしないので、負けた場合の不安を感じることなく大きな勝ちを狙いに行くことができます。

こうしたマーチンゲール法の真逆をついた攻略法であることから、パーレイ法は逆マーチンゲール法とも呼ばれています。
パーレイ法で成功するにはとにかく連勝をどれだけ続けられるかがポイントになります。
数ドル程度でスタートしても5連勝もできれば数十ドルの利益を得ることができますので、資金は少ないけれど短期間の間に大きな利益が欲しいというような場合にはぜひこのパーレイ法を使用してみてください。

パーレイ法の使い方とシミュレーション

パーレイ法の使い方とシミュレーション
パーレイ法の使い方は、勝つ度にベット額を倍にしていくだけなので、オンラインカジノ未経験者の方であっても迷うことなく使用することができます。
使用できるゲームは勝率50%のゲームに限られるので、ルーレットのハイロー、奇数偶数、赤黒のイーブンベットや、バカラ、ブラックジャック等の中から好みのゲームを選択します。

最初は1単位をベットします。
パーレイ法はベット額を倍々に上げていく攻略法ですので、一番初めのゲームであまり大きくベットしないようにしましょう。
尚、1回目から10回目までの結果は以下の通りになります。

一番初めのゲームで勝利できる確率は50%、勝利すると1単位の利益を得られ、利益の合計は1単位となります。
2回目のゲームでは2単位をベットします。
2連勝できる確率は25%、2ゲーム目でも勝利すると利益の合計は3単位となります。

3回目のゲームでは4単位をベットします。
3連勝できる確率は12.5%、3ゲーム目でも勝利すると利益の合計は7単位となります。

4回目のゲームでは8単位をベットします。
4連勝できる確率は6.25%、4ゲーム目でも勝利すると利益の合計は15単位となります。

5回目のゲームでは16単位をベットします。
5連勝できる確率は3.13%、5ゲーム目でも勝利すると利益の合計は31単位となります。

6回目のゲームでは32単位をベットします。
6連勝できる確率は1.56%、6ゲーム目でも勝利すると利益の合計は63単位となります。

7回目のゲームでは64単位をベットします。
7連勝できる確率は0.78%、7ゲーム目でも勝利すると利益の合計は127単位となります。

8回目のゲームでは128単位をベットします。
8連勝できる確率は0.39%、8ゲーム目でも勝利すると利益の合計は255単位となります。

9回目のゲームでは256単位をベットします。
9連勝できる確率は0.2%、9ゲーム目でも勝利すると利益の合計は511単位となります。

10回目のゲームでは512単位をベットします。
10連勝できる確率は0.1%、10ゲーム目でも勝利すると利益の合計は1023単位となります。

1単位を1ドルとすれば、10連勝で1023ドルを得ることができます。
1単位が3ドルの場合は、10連勝で3069ドルもの利益を得ることができます。
ただし、10連勝できる確率は0.1%と非常に低くなっているので、実際に使う場合は3連勝、4連勝程度で一度切り上げるようにすると着実に利益を重ねていくことができるでしょう。

また、パーレイ法は一度負けると利益をすべて失ってしまいますが、例えいつ負けたとしても損失は一番初めのゲームのベット額分だけです。
たとえば、6連勝し7回目のゲームで負けたとしましょう。
6連勝した際の利益の合計は63単位、7回目のゲームのベット額は64単位なので損失は-1単位となります。

このようにパーレイ法は負けの負担も軽いので、様々な攻略法の中でも使用しやすい攻略法であると言えるでしょう。

使用する際はマックスベットを確認する

使用する際はマックスベットを確認する
オンラインカジノでは、ベットの上限額が決められていて、これは各ゲームによって違います。
パーレイ法はベット額がみるみる上昇していく攻略法であるため、一番最初のゲームから大きくベットすると、あっという間にマックスベットに触れてしまいます。
ですので、パーレイ法を使用する際は各ゲームのマックスベットをしっかりと確認し、マックスベットに触れないよう余裕を持ったベット額でスタートするようにしましょう。

代表的なオンラインカジノの決済手段

オンラインカジノで賭けをして遊ぶには軍資金が必要です。
その軍資金を海外の運営サイトに入金をし、勝った分は出金をします。
この際、日本の銀行では簡単に入出金ができなくなっています。

ここでは、オンラインカジノの入出金に利用できる方法と、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

エコペイズ

エコペイズ
エコペイズは電子決済の一つで、オンラインカジノではよく使用されています。
イギリス発でPSI−payが運営しており、英国金融庁より認可、統制のもと運営されています。
政府公認の電子決済サービスなので、高い安全性と信頼性があります。

メリット

エコペイズはほとんどのオンラインカジノに対応をしています。
複数のオンラインカジノに登録をしてプレイをするときには、エコペイズの口座開設をしておくと便利です
クレジットカードのように、入金はできて出金はできない方法もあるのですが、エコペイズであれば入出金は一本化することができ、入金も出金もエコペイズだけで行うことができます。

また、サポートが日本語対応なので万が一のことがあっても安心できます。

デメリット

以前はecoCard(エコカード)を使ってコンビニATMから出金できたが、現在はできなくなってしまいました。
銀行口座から出金ができますが手数料がかかります。

アイウォレット

アイウォレットは電子決済のひとつです。
拠点は香港にあります。
日本だけでなく、世界のさまざまな国で利用されています。

メリット

アイウォレットは身分証明書なしで簡単に口座開設することができます。
必要なことは、メールアドレス、パスワード、国、氏名、生年月日などいくつかの項目を入力をするだけです。
これだけでスタンダード会員に登録が完了します。
その後に本人確認できる書類の提出などを行えば、エグゼクティブ会員に口座グレードアップが可能です。

オンラインカジノはドルやユーロを使用していますが、アイウォレットは「JPY、USD、EUR、HKD、SGD、GBP」の6通貨に対応をしています。

送金や受け取りは手数料が無料です。
iWalletカードを持っていればATMから出金ができます。
サポートは日本語にも対応しており、日本人でも安心して利用できます。

デメリット

スタンダード会員の場合は利用金額に制限があり、入金できるのは1000ドルまでです。

クレジットカード

クレジットカード

買い物の支払いや公共料金の支払いなどに使用しているクレジットカードは、オンラインカジノにも使用できます。
オンラインカジノの多くは、日本人になじみのあるVISAやMasterCardに対応をしています。
JCBやDiners Clubにも対応をしはじめています。

メリット

クレジットカードは日常の買い物など普段使用をしているので、オンラインカジノでも抵抗なく使用しやすいです。
普段使い慣れているものなので、日本人でも安心して入金に利用できます。

そして、一番のメリットはスピーディーな入金が可能なことです。
カード情報を入力すれば簡単に、そして素早く入金ができます。

デメリット

クレジットカードは入金には使うことができますが、出金には使うことができません。
出金をするためには、他の手段を用意しておく必要があります。

また、入金には手数料がかかることがあります。
日本で買い物などに使用をする場合は手数料無料のことが多いのですが、円以外での取引の場合は為替手数料がかかるケースがあるのです。

オンラインカジノ側で未対応のクレジットカードがあったり、クレジットカード側がオンラインカジノへの使用を禁止していることもあります。

ネッテラー

ネッテラー

ネッテラーはイギリスの金融サービス機構の統治のもと運営されている金融機関です。
世界180か国以上で利用されています。

メリット

ネッテラーの口座開設をしておけば、入出金を一本化することができます。
一つの口座で入金も出金もできると便利です。
複数のオンラインカジノに登録をしている場合でも、オンラインカジノがネッテラーに対応をしていれば、一つの口座で管理することができます。
口座開設は無料で年会費などもありません。

ネッテラーは入出金がスピーディーなことも特徴です。
海外送金など他の手段で入出金をする場合、1週間以上かかってしまうことは珍しくありません。
その点ネッテラーなら、オンラインカジノにもよりますが入金なら数分で、出金は早いオンラインカジノなら数分、一般的なオンラインカジノでは翌日に完了します。

日本語サポート窓口が開設されているので、サポートは日本語対応をしていて、口座開設の際も日本語で行うことがえきます。

デメリット

ネッテラーはギャンブル目的での利用ができなくなってしまいました。
そのため、オンラインカジノにネッテラーを使用することが現在はできません。
以前はオンラインカジノへの利用にさまざまなメリットがあったのですが、現在は使用できないため他の手段を選んだ方がよいでしょう。

決済手段の危機はオンラインカジノの危機

オンラインカジノを楽しんでいた国内のユーザーの多くが、かつて利用していた送金サービスがネッテラーです。
オンラインカジノに興味のある人であれば耳にしたことがあるのではないでしょうか。
また、オンラインカジノ歴の長い古参ユーザーであれば、名前を聞いたことがあるだけではなく、お世話になっていたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、現実問題としてネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。
オンラインカジノユーザーの多くが頼っていたネッテラーの撤退は、国内のオンラインカジノユーザーに衝撃を与えたのは言うまでもありませんが、ネッテラーに代わる送金サービスの登場によって事なきを得ました。

今でこそネッテラーが無くとも、オンラインカジノを楽しむにあたっての影響はほとんどありませんが、ネッテラー撤退はオンラインカジノに何をもたらしたのか。その点についてチェックしてみるとしましょう。

ネッテラー撤退のタイミング

ネッテラー撤退のタイミング
ネッテラー撤退のタイミングは2016年。
それまでごく普通に営業していたネッテラーですが、ユーザーに「今後利用できなくなる」と通達。
当初、その通達は偽造されたものなのではないかとのうわさも流れたのですが、結局は本物。
通達通り、ネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。

公式にネッテラーからアナウンスがあった訳ではない点から、なぜ撤退してしまったのかはいまだに憶測だけでしか語れないのですが、いわゆる「状況証拠」を集めていくと、ネッテラーが撤退した理由が浮かび上がってきます。

なぜなら、ネッテラー撤退から数か月に満たない前のことですが、日本人オンラインカジノユーザーが日本の警察によって逮捕されてしまったのです。
かねてからオンラインカジノは黒なのか白なのか議論がなされていました。
法的な見地からの意見もありましたが警察が動かない限り、どっちとも言えない状況が続いていました。

しかし、日本人オンラインカジノユーザーが逮捕されたことで、国内には「オンラインカジノは黒」との風潮が流れました。
そしてまさにそのタイミングでネッテラーは日本市場から撤退しました。
そのため、当初から「ネッテラーは日本市場を見限った」「もう日本ではオンラインカジノは成長しないと諦めた」といった声もありました。

かねてから撤退を考えていただけで、たまたまタイミングが重なっただけとの声も一部にはありましたが、結論から言うと、ネッテラーは2018年に日本市場に戻ってきました。
しかし、オンラインカジノ業務は行っておらず、あくまでも送金サービスのみを行っていることを考えると、やはり「オンラインカジノには関わらない」という姿勢なのでしょう。

ネッテラー撤退からオンラインカジノは成長した

ネッテラー撤退からオンラインカジノは成長した
オンラインカジノユーザーが逮捕されたことによる、オンラインカジノ業界の衝撃たるや凄まじいものがありました。

それもそのはず、オンラインカジノは送金サービスがあるからこそ利益を手にすることができたのです。
その送金サービスがなくなってしまってはオンラインカジノが終わると感じたユーザーがいても不思議ではありません。
ましてや逮捕者まで出ているのです。
オンラインカジノ以外で利益を狙えるものを探していたユーザーも多かったことでしょう。

しかし、ここで奇跡が起きました。
逮捕された日本人オンラインカジノユーザーは、嫌疑不十分とのことで起訴されることはありませんでした。
これが何を意味しているかというと、逮捕しても起訴できないことを警察が自ら証明してしまったのです。

それまで、オンラインカジノは白か黒かはっきりしない、いわゆる「グレー」なものとして扱われていたのですが、黒にしようと動いた警察が自ら白だと証明する形となってしまったのです。
結果、他の送金サービスが登場したり、日本語に対応するオンラインカジノも増えるなど、オンラインカジノそのものが息を吹き返したかの如く、盛り上がりを見せるようになりました。
その点では、ネッテラーの撤退は「オンラインカジノの盛り上がりの合図」といっても過言ではありません。

ネッテラーとしては、日本市場に於けるオンラインカジノの成長はないと見込んだからでしょう。
逮捕者まで出ればそのように考えるのも分からない話ではありませんが、実際には逮捕されたものの起訴されなかった事実が、オンラインカジノを盛り上げる原動力となりました。
その後、アイウォレットやエコペイズといったネッテラーと同じような特徴を持つ送金サービスが登場し、日本国内のオンラインカジノは盛り上がりを見せるようになりました。

まとめ

まとめ
ネッテラーの撤退は当時のオンラインカジノユーザーにとっては痛いものだったことでしょう。
送金サービスが使えなくなれば、オンラインカジノの終了を意味していました。
しかし、その撤退がいわばその後の繁栄の基礎を築く形になったのも事実です。
ネッテラーとしてもまさかそのような形になるとは思っていなかったことでしょう。