オンラインカジノのボーナスが減ってしまう問題

オンラインカジノが提供するボーナスは、指定されている方法に沿って提供されているものですが、突然減っていることがあります。これはオンラインカジノ側が不正行為を行っていると判断されている場合、没収よりも小さい処分としてボーナスの減額を行うようにしています。小さい不正の場合は、一部だけ回収して後は残しておくことも多いです。

没収されるよりも処分としては軽いものの

全額没収されてしまう可能性があるため、変なゲームをしてはいけないとされています。オンラインカジノには駄目とされているゲームが用意されているものの、ボーナスをつぎ込むことが可能になっています。そのため使った後でボーナスを勝手に処分するような方法が取られてしまい、扱いとしては非常に厳しい状態になってしまいます。
一方で没収されるよりも軽いものになっているのが一部取り上げです。これは不正行為を行なっていたことがわかったものの、少額すぎるために没収するくらいの範囲と見られないことです。この場合は使ったボーナス分は没収して、それによって得ている利益があるならそれを取り上げるだけにしています。

2回目はない処分に

この方法は1回だけ行っていることが多く、2回目以降は当然没収の扱いを採用しています。没収されてしまえば全てが終わってしまいますので、できることならそうした処分を受けないようにしておくことです。2回目は無いと思ったほうがいいですし、この処分は最後通告に近いものが取られているのです。
普通の処分よりも結構厳しいようには思えないのに、実際にはかなり辛い処分を受けていることと同じです。ボーナスを次は没収することがわかっているので、これを続けていることは駄目だと感じていなければなりません。

取り上げられた分は出金制限に変化なし

ボーナスが仮に取り上げられたとしても、その分は出金制限に影響をあたえることはありません。取り上げられていたとしても、それはユーザーが悪いことであり、そのままボーナスの出金制限が適応されることとなります。これによって出金するための制限が厳しいままで、プレイを続行しなければなりません。
この方法に入ってしまうと、多くの方が0ドルまで行かないと厳しい状態になってしまいます。そのため0ドルになる前に何とかしたいところですが、的中をしないことには厳しい状況は変わりません。無理なゲームのプレイはしないようにすることがとにかく大事と覚えてください。